生産性を下げる時間飢饉を2分で減らす方法

Pocket


本日は、昨日の続き、時間飢饉のお話です。


時間飢饉、つまり「時間が足りない」と感じることによるストレスで人間の生産性は著しく下がるという話をしました。
認識を変えるだけで1日5時間以上の自由時間を生み出す方法


現代人が忙しい忙しいと言っているのは、
本当に忙しいからでなく時間が足りないと勘違いしているからと言いましたね?


本日は、その時間飢饉を減らす方法について説明していきます。


空いた時間で美人口説くなり、副業するなり好きなことやる時間を作っていきましょう。

時間飢饉を減らす方法。

他人に親切にする。


時間飢饉を減らし時間的余裕を持ちたいなら、他者に親切にする習慣を持ちましょう。


他者に親切にするだけで、人間は時間飢饉の感覚が減ります。

なぜかというと、他者に貢献すると人間はストレスが減るからです。



社会に自分は必要とされていると考えるため、他者への親切はストレス対策にもなり、

そしてストレスが減ることにより時間飢饉の「時間が足りない」というストレスも減っていきます。


結果的に生産性が上がるんです。

それだけでなく、人からも好かれるので絶対やりましょう。

アダム・グラントの研究によると、1日1回小さく親切な行動取るより、
5日に1回まとめて親切な行動取るほうが幸福度も上がります。


やってみてください。
次に行きます。

SNSの通知をオフにする。


スマホの通知を全部オフにしましょう。
スマホは便利ではありますが、僕たちの生産性をかなり下げます。


特に最悪なのが、作業中の通知です。
人間って集中した状態から注意そらされて、元の集中力に戻るまで25分かかると言われています。


それだけでなく、通知で扁桃体が活発化し、
時間が足りない恐怖により時間飢饉の感覚が増えます。


通知は最大の敵です、ラインやメール、何もかも通知オフにして、
確認する時間を決めましょう。


それ以外の時間は確認しないルールをつくるのです。


次に行きましょう。

ゆっくりした時間を過ごす。


リラックスした静かな時間を持ちましょう。


瞑想か深呼吸を行うことをおすすめします。
瞑想は以前説明したので、今回は深呼吸について説明します。
瞑想のやり方ー親密な関係を作る

深呼吸を2分するだけで時間飢饉の感覚が15%減少することがわかっています。


やり方は簡単、5秒かけて息吸って6秒息を吐き、2分続けるだけです。


やってみてください。


参考文献
https://www.nicovideo.jp/watch/1523752379

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

サイトパ について

成功する人の考えや行動をまとめたブログ書いています。 毎日成功者の本、動画見てそれを発信、実践しています。 ぶっちゃけ動画40分とか長いので忙しい人に向けて短くまとめてます。 実践したらどんな効果があったかとかもまとめていくよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください