目標達成率が飛躍的に高まる計画の立て方

Pocket




本日は、ずっとできなかった目標を達成するための計画術について説明します。



ずっと手に入れたいと思っているけど手に入らないものってありますよね。
人付き合いが苦手な人なら女の子とかでしょうか?



コミュ障だと必然的に恋人もできません。
「まだ童貞なんですけど」と焦っている人もいるでしょう。



そんな人にできないと思っていたことを達成する計画の作り方を説明します。


ルールを知れば成功率は高まる。




まず多くの人が目標を達成できないのは、科学的に正しい計画の立て方を知らないからです。



きちんとルールを知ればどうすれば目標達成でき、
そしてどうすれば継続できるかわかります。



今日は1つ1つ説明しますね。



目標までのプロセスをイメージするだけで成功率アップ。



よく成功する姿をイメージしろとかいう人いますけど、
全く意味ありませんよ。


目標まで至るための行動をイメージして初めて意味があります。



科学的にも「結果をイメージする」より「プロセスをイメージ」するほうが、
成功率は高まることがわかっています。



だからコミュ障で彼女作りたい人は、こんなプロセスが考えられます。



人といるのが苦しいから瞑想を習慣化して不安やストレスに強くなろう

相手の話題に関する質問をすることで、
相手が喜ぶような会話をする習慣を作ろう

慣れてきたから女の子と関わる頻度を増やすため、
アルバイトを始めよう

女の子に自分から話しかける習慣を作ろう

交際




こんな感じに具体的に取る行動を明確化しましょう。
やるべき行動が明確化されずっと成功率はアップします。


大抵の人はこれをやらないので勝てないんですよね。



いつどこで何をするか明確化するだけで実現性2倍。



先程のプロセスにも通じますが、目標に至るプロセスを具体的にといいましたが、「いつどこで何をするか」を明確化しましょう。


これは継続するために確実に押さえておきたいところです。
更に効果があるプロセスの作り方に「もし~したら」を付け加えることです。



このように「条件が満たされたら行動を実行する」と予め決定しておくと行動がスムーズに行えます。


スムーズにできるって結構大切で、人間はめんどくさがりなので
簡単にしてあげないと継続できないんですよ。



例えば「10km離れたジムで運動する」ことと「家の前のジムで運動する」こと、どっちが楽に行えそうか考えるまでもありませんよね。



それと同じで「どんなときに実行するか明確化されていること」は、
行動をスムーズにしてくれて、結果楽になるので継続しやすくなります。



なんと「もし~したら~する」+「いつどこで何をする」を組み合わせると、
2倍継続しやすいってことがわかっています。

参考文献はこちら(著者:メンタリストDaiGoさん)



例えば美少女の彼女作るためのプロセスを作るとしたら、
「朝起きたら自室で瞑想を5分やって不安対策する」「朝学校にいったら近くにいる女の子に1回挨拶する」とか。






可能な限り楽をする。



継続して努力したいなら、超楽に努力することをオススメします。


特に、やり始めの時って最も挫折率が高い時期なんですよ。
人間の習慣って約60日程度で定着します。



日々繰り返している作業って意識せずできるようになりますよね。
例えば歯磨きとか、意識しないとできないってことないですよね。


これは大脳基底核に意識せずとも自動で行える習慣的行動であると刷り込まれているからです。


そしてこうした習慣的行動には苦痛を感じにくいので、
挫折率が低いです。


やり始めた行動が大脳基底核に刷り込まれ無意識で実行できるようになるまで継続すれば挫折しません。



大体刷り込まれるのに必要な日数が66日程度と言われています。



何か目標に向けて新しいことをやりたいなら、
最初の66日は可能な限り楽チンにできるように難易度設定しましょう。


その後少しづつレベルアップすればいいです。


より詳しくは習慣化について説明している記事を御覧ください。
人生の5割を思い通りにする習慣化の方法




カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

サイトパ について

成功する人の考えや行動をまとめたブログ書いています。 毎日成功者の本、動画見てそれを発信、実践しています。 ぶっちゃけ動画40分とか長いので忙しい人に向けて短くまとめてます。 実践したらどんな効果があったかとかもまとめていくよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください